大旗に込める想い

大旗に込める想い各大旗には神事的な意味をもたせるため、日本古来より伝わる「陰陽五行説」にのっとって作成しています。
※陰陽五行説とは、万物は「陰・陽」の二気、「木・火・土・金・水」の五行で成り立ち、これら“陰陽五行”の要素で世の中は回っているという思想で、日本文化に深く関わっています。

この五行を「青・赤・黄・白・黒」の5色で表したものが“五色”で、「木=青 火=赤 土=黄  金=白 水=黒」を表し、「東=青 南=赤 中央=黄 西=白 北=黒」の五方という考え方も五行に含まれています。

応援に使用する、大旗にはその五方をつかさどる神、東…青竜(せいりゅう) 西…白虎(びゃっこ) 南…朱雀(すざく) 北…玄武(げんぶ)をデザインとして使用し、縁起を担いでいます。

迫力抜群の大旗

完成された大旗は、大綱引当日を盛り上げると共に各チームの目印ともなります。
​参加者の皆様は、自分のチームの大旗を覚えておいてください。

tunahiki_area_east_smalltunahiki_area_south_small

tunahiki_area_west_smalltunahiki_area_north_small

tunahiki_tuna_012


【主催】いちはら大綱引実行委員会・(一社)市原青年会議所
【後援】市原市・市原商工会議所・市原市町会長連合会・(一社)市原市観光協会 【協力団体】市原市消防団・VONDS市原FC・千葉県綱引連盟・株式会社小湊鉄道・(一社)千葉県タクシー協会 市原支部